Pocket

    こんばんは。 ムックです。

    最近、仕事をしている中で感じることがあるので、皆さんに共有させて頂きます。

    今回は投資には関係ないので、あまり期待なさらずに・・・(^_^;)

    僕は仕事上、中小・零細企業の経営者の方とお話する機会が多いです。

    業界は成熟市場であり、人口減少・人材不足・大手企業の新規参入等の煽りを受けて、

    全体的に下降している業界です。

    業界自体も下降しているため儲かっていない会社がほとんどであり、

    少ない既存顧客で細々と営業されている会社さんが多いです。

    その中でも、少数ではありますが儲かっている会社さんも存在します。

    僕は経営者様とお話している中で、

    儲かっている会社」と「儲かっていない会社」の共通点が何であるかを考えたところ、あることに気付きました。

     

    儲かっている会社

    経営者が、「どのようにしてお金を儲けていくか?」を常に考えている。

     

    儲かっていない会社

    ・経営者が、「いかに経費を抑えていくか?」を常に考えている。

    経営者であるため、売上と経費の両方を考えられているとは思いますが、売上と経費のどちらに重点を置いているかで大きく変わっています。

    儲かっている会社の経営者は、営業マンに対して業界の最新情報やお客様のニーズ等の相談等を良く質問されます。

    儲かっていない会社の経営者は、次の契約時はもっと安くしてほしい。次は他社も検討するからそれなりの見積を持ってきてほしいとの要望を頂きます。

    儲かる=善 儲からない=悪というわけではないですが、

    考え方をいかに前向きにして行動することがいかに大事かを仕事をし、いろんな方とお話する中で感じました。

    この考え方って個人にも当てはまっていて、どのようにお金を稼ぐのとどのようにお金を節約するかで、将来の資産金額に大きく影響すると思います。

    僕は、今、27歳ですが資産金額が増える活動は、今後も前向きに活動していきます!

    今の生活に不安・不満がある方は、とにかく行動してみてください( ̄▽ ̄)





    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です