【知っ得‼】お金が貯まる夫婦の家計管理について

こんばんは。 ムックです。

 

最近、FXの取引をあまりしておりませんので、ページの更新をしておりませんでした。

 

今回は、ウチが実践している夫婦でのお金の管理をご紹介させて頂きます!

ウチの家計管理がベストとは思いませんが、

結婚してからかなり貯金がたまったので、比較的良いやり方ではないかと思います(^.^)

■夫婦の家計管理の現状について


以下、参考サイトを見て頂けるとお分かりであるが、

ほとんどの家計が「」が家計の管理をしているとのアンケート結果がでております。

参考サイト

 

女性の方が、お金の管理するのが得意であったり、普段の買い物を女性がしていることもあり、

奥さんが一括してお金を管理される家庭が多いのではないでしょうか。

 

正直にお伝えすると、このやり方はNGです!

NGの理由①

「固定費」と「変動費」の両方を一人で管理するのはかなり無理があり、

奥さんに多くの負荷がかかってしまうから。

 

NGの理由②

奥さんに全て任せることで旦那のお金の管理に関する意識が圧倒的に下がるから。

 

NGの理由③

お互いがいくら稼いで、何に使っていて、いくら貯金があるかを正確に管理できないから。

 

上記の理由として、全てを奥さんに任せることは良くありません!

 


 

■ムック家の家計管理について


では、ムックの家ではどのように管理しているかを共有したいと思います( `ー´)ノ

 

管理方法

 旦那・・・家計の固定費に関する支払及び資産運用担当
 妻 ・・・家計の変動費に関する支払及び貯金担当

特別な方法ではなく、各自で費用項目+お金を増やすための役割を決めています。

 


順を追って説明していきます。

 

■旦那(ムック)の役割について

家計に関わる固定費の支払い。

・・家賃・光熱費・ネット代・携帯代・奨学金・各種保険(自動車・生命)・車のローン。

追加として、固定費ではありませんが、車に関する費用は僕が担当として支払うようにしています。

(車検代・自動車税・オイル・タイヤ等のメンテナンス費用)

 

毎月の給与-固定費-車関連費用=僕のお小遣い

 

毎月の残ったお金が全て僕のお小遣いになります!

こうすることで、僕は毎月の固定費の削減もしくは自分の給料を上げることに専念することで自分のお小遣いが増えることになります!

そのため、今の仕事のモチベーションアップにも繋がりますし、格安スマホ・保険の見直しを定期的に行うことが出来ます。

 

さらに僕は、残ったお金で投資信託や株式への投資をしているので、

お小遣いが増えることでより多くの投資を行うことが出来る様になる仕組みにしています( ̄▽ ̄)

 

話はそれますが、以前、池上さんが紹介していた「21世紀の資本」という本を読んだところ、これからはお金持ちが大金持ちになり、貧乏人はより貧乏になると記載されていました。(簡単に言うとです)

これを読んでからは、少しでも早いうちからお金以外の資産を持つことが重要であると考え、少額ではありますが投資を始めました。

 

興味ある方はリンク貼っておきますので、21世紀の資本 トマ・ピケティは参考までに。

 

■妻の役割について

家計に関わる変動費の支払い。

・・食費・日用品費・外食費・祝い事などの出費などなど。

簡単に言うと、固定費以外の全ての出費です。

 

毎月の給与-変動費-貯金妻のお小遣い

 

変動費のみにすると、妻のお小遣いが圧倒的に多くなってしまうため、

毎月二人で決めている金額を貯金に回すようにしています。 ※ちなみにウチは大体10万前後です※

 

妻は、日々の食費・日用品費をいかに抑えるかということに集中することで、

自分のお小遣いをふやすことが出来、自分の買いたい服や化粧品等を買っています。

 

■最後に

各担当に分けてはいますが、毎月月末に二人で簡単に固定費と変動費及び資産運用の状況、貯金の残高の話し合いはするようにしています。

 


 

■まとめ

いかがでしょうか?

特別なことは何もしていませんが、お互いがお互いの得意なことまたは好きなことを担当制にすることで、貯金も将来への備えも同時に行うことが出来る様になっています。

 

僕のやり方が全て正しい分けではありませんが、

大事なことはお互いのお財布事情を視える化することではないかなと思います(^^ゞ

 

他にも良いやり方やウチの家計管理はこうだよ!というご意見があれば、アドバイスお願い致します!!

 

長文にお付き合い頂き、ありがとうございます!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です